アローン・イン・ザ・ゲーム 『ARKHAM HORROR』の歩き方

FFG社から発売しているボードゲーム『ARKHAM HORROR』の英語版をソロプレイで全てやっちまおう! という無謀な企画を掲げたブログです。果たして、目的を達することは出来るのか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょこっとルールを読んでみる

IMG_1685_2.jpg





ちょいと『THE BLACK GOAT OF THE WOODS』のルールを読んでみた。





ふむふむ……。





このシリーズのエクスパンションは、カードを追加してもアクロバティックなルールの変更が無いところが好感の持てるところ。まぁ、シナリオが追加されたと理解すればいいのかな? とも感じるのですが。





しかしですね……





毎度毎度思うのですが、FFGのゲームは「上げ底」度の率が半端無いですねw





ま、良い作品が多いし、コンポーネントの保管目的を考えるとこのパッケージングもアリかな? とも思わないでもないのですが。





ま、いいかw






スポンサーサイト
BGOW | コメント:0 | トラックバック:0 |

FFG社の英文ルールはとても良い

mom_1.jpg

久々のアップが『ARKHAM HORROR』のシリーズじゃなくって『Mansion of Madness』って何!? と言われそうですが、箱の上の方をよーーーーく見てください。










一応、シリーズ作品なんですよね、コレって。









とはいえ、ずっと押し入れの中に入っていたゲームだったのです。

もちろん、発売と同時に購入した英語版ですよ、コレも。

ところで、以前からこちらのサイトで書いておりましたが、FFG社の英文ルールは本当に良くできていて英語の表現も理解しやすく書かれているので、私は大好きです。簡単な単語で言葉を選んで説明しているので、英文ルールの翻訳をするにはとても勉強になると思います。

ちょっと英文ルールを読んでみたいなと思い立ち、手をつけていないコレを選んだのですが……









はい、他の『ARKHAM HORROR』シリーズをちゃんと進めろよ!と自分でも突っ込みたくなるのですが……。










今年こそ、何らかの成果がこのブログで記載できるようにしたいと思います。

MOM | コメント:0 | トラックバック:0 |

『Miskatonic Horror』

画像は某サイトの画像ですが、2011年の発売当初、既に購入済みの『Miskatonic Horror』

mh.jpg

この休み中に、どどん! と絶賛ルールブック確認中、と行きたいところです。




しかし、

しかし、

しかし、

しかし、

しかし、




まぁ……中身を見て画像アップするのが限界かな?




あ、ちなみに、シュリンクは既に破って中身は一度確認の上、ルールとカードはパラパラと見ております。流石に、買ってそのまま押し入れ行きは免れたわけですがw



テーマ:アナログゲーム - ジャンル:ゲーム

MH | コメント:0 | トラックバック:0 |

4年ぶりだよ、おっかさん......。

なんだかんだで、ブログの更新が4年ぶりって、いったい何よ?





GWに入って自宅でぼ〜っとしていたら、押し入れの『ARKHAM HORROR』たちが、





♪おいでおいでするかもしれないよ〜♪





って。





ブログは更新していませんが、時々箱を空けて英文ルールとエキスパンション類は見ていたんですよ。





いや、ホント。





GW中さらに更新があるか、はたまた5年後ぐらいにひょっこり更新があるか……





以下待て次回!

テーマ:アナログゲーム - ジャンル:ゲーム

AH全般 | コメント:0 | トラックバック:0 |

時間を……下さい、、、。

ブログを最後に更新したのが、なんとなんと8ヶ月前




全く時間がありません





新作エキスパンション、6月に購入したのに中を見ることもできず、、、今に至ります。

しゃあないので、やっと開封して中に入っているもののみ確認……。

PAP_0000.jpg

↑箱、こんな感じ。

今回のエキスパンションタイトルは『The Lurker at the Threshold』

PAP_0002.jpg

せめて、何のテーマなのか、、、ルールをざっと読めるのはいつの日か?!


lat | コメント:1 | トラックバック:1 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。