アローン・イン・ザ・ゲーム 『ARKHAM HORROR』の歩き方

FFG社から発売しているボードゲーム『ARKHAM HORROR』の英語版をソロプレイで全てやっちまおう! という無謀な企画を掲げたブログです。果たして、目的を達することは出来るのか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FFG社の英文ルールはとても良い

mom_1.jpg

久々のアップが『ARKHAM HORROR』のシリーズじゃなくって『Mansion of Madness』って何!? と言われそうですが、箱の上の方をよーーーーく見てください。










一応、シリーズ作品なんですよね、コレって。









とはいえ、ずっと押し入れの中に入っていたゲームだったのです。

もちろん、発売と同時に購入した英語版ですよ、コレも。

ところで、以前からこちらのサイトで書いておりましたが、FFG社の英文ルールは本当に良くできていて英語の表現も理解しやすく書かれているので、私は大好きです。簡単な単語で言葉を選んで説明しているので、英文ルールの翻訳をするにはとても勉強になると思います。

ちょっと英文ルールを読んでみたいなと思い立ち、手をつけていないコレを選んだのですが……









はい、他の『ARKHAM HORROR』シリーズをちゃんと進めろよ!と自分でも突っ込みたくなるのですが……。










今年こそ、何らかの成果がこのブログで記載できるようにしたいと思います。

スポンサーサイト
MOM | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。